アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
ごはん
田植えの準備をする前に観たかった映画に駆けつける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 02:19
リリーのすべて
世界初、男性→女性 性転換したデンマーク人の実話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/25 09:16
A Film About Coffee 
想像していた通り「スペシャリティコーヒー」の広報映画ですが、 コーヒーのすばらしさは、何でもとびきりおしゃれにしてくれるところ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 04:42
ヴィヴィアンマイヤーを探して
フリマ大好き家庭で育った青年が、ある日、家の前のオークション会場で1箱の段ボールに入ったフィルムを4万円ほどで落札〜その中身を現像してみると、クールな作品がザックザック! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/27 17:51
ヴェルサイユの宮廷庭師
最近、植木のことで悩んでいたので思わず観に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 17:33
ギターマダガスカル
弟の映画を京都シネマに観に行きました。 この日は十三の七藝でも上映されていましが、こちらもお客さんが入っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 18:36
パブーシャの黒い瞳
文字をもたないジブシーの女性が文字を覚えて詩人となるが、 それは禍の前兆だった。 実在の人物のお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 08:00
ハンナ・アーレント
ハイデッガーの愛弟子で当時はアメリカで教鞭をとっていたユダヤ人哲学者アーネントが、 アイヒマンの裁判を傍聴し、ナチスの極悪非道人とはいったい何ぞやと真実に迫る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/03 13:33
ワーカーズ
知り合いの会社が映画製作しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/07 07:54
リンカーン
ダニエル・デイ・ルイスの怪演を楽しみにしていたのだが、自分の歴史に対する無知が祟って、 ちんぷんかんぷん 幼少期に読んだ伝記で記憶に残るのは、リンカーンが子供の頃は丸太小屋に住んでいたこと、 「人民の、人民による、人民のための〜」の名スピーチくらい。 かろうじて、大人になってから、リンカーン夫人がヒステリーだったことを知ったっけ。 それくらいの知識では、登場人物も何もわかったもんじゃありません。 若干の救いは日本人には親しみのある宇宙人ジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/20 10:14
ライフ・オブ・パイ
動物が出る作品ということで、しっかりとタオルハンカチを握りしめて行った私。 そんな感情を覆すように、さすがにやってくれました、我らがアン・リー監督。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/19 07:40
ホビット 思いがけない冒険
いとちいしとよ〜〜〜 このえいがをみて、なぜたたかいがおきたのか わかるよ〜  どこ〜〜どこいくの  ここ ここにあるよどこ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 17:25
のぼうの城
「たたかいます!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/08 16:29
最強のふたり
ベタなタイトルながら、とてもオサレです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/09/19 07:35
ロボット
久しぶりのブログ、久しぶりの映画はインドの「ロボット」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/16 20:07
エルブリの秘密
スペインにエルブリという超有名レストランがあったそうだ、、、、 今年の夏に電撃閉店したらしい。 1年の半分だけ営業して、残り6か月はメニュー開発に力を注ぐ。 その試作の日々のドキュメンタリー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/30 18:38
孔子の教え
大昔に読んだ(と言うより見た?)論語だけを頼りに、「孔子の教え」を観る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/11/25 08:29
猿の惑星:創世記
動物もんに弱いので、ハンカチボトボト3日は立ち直れないと思いきや〜 そんな心配をよそに、強くておりこうなスーパーモンキーさん逆襲でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/27 05:40
さすらいの女神たち
天候が定まらなくて、なかなか、芸術の秋をスタートできないでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/14 08:18
トランスフォーマー ダークサイドムーン
人間も戦いました がんばって戦いました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/06 20:34
はりー・ポッターと死の秘法
トランスフォーマーがまだなので、ハリポタにしました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/27 07:31
X−MEN ファーストジェネレーション
梅雨に早く観に行きたかった映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 08:21
ブラックスワン
オスカーを手にしたのは当然でしょう には、きつ過ぎる〜〜〜 ナタリーの辛気臭い表情 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/04 11:47
英国王のスピーチ
神戸の震災は冬でした。  そのとき、  「まだ 冬でよかったね〜 食べ物が腐らなくていいもの、お風呂に入らなくてもがまんできるもの」 と 言いました。 それくらい、あのときは、寒さが気にならなかったのです。 しかし、春なのに、この寒さはなんですか!!!! 今 神戸の人は言います。   「神戸は地震だけだった、、、しかし、、、東北は、、、、、。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 500

2011/03/21 14:46
バーレスク
クリスマスに相応しい? 1本です ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/25 17:14
チャンドマニ
満を期して 弟の映画「チャンドマニ」が昨夜から大阪で公開されています。 http://www.chandmani.com 私の好きな 第七藝術劇場で です!  http://www.nanagei.com ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/29 07:16
キャタピラー
「中途半端な顔に産んでくれてありがとう」 受賞後のインタビューでの寺島しのぶの言葉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/18 18:12
ナナゲイにて
炎天下の中 久しぶりに実家に帰ると 父が 「明日 病院に行って 脊柱管狭窄症の手術をするかどうか相談する!」と テンション 母も 「最近 自分達の葬式はどのようにするかって話題ばかりなのよ〜 前みたいに元気になって 旅行を楽しみたいのよね」と 賛成のようだ。 「主治医に入院先でこれを渡すように言われた」とCDを見せ パソコンにセットする父。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/19 20:55
パリ20区,僕たちのクラス
W杯 もとよりドイツは好きなチーム、 「アルゼンチンを制するものを応援!」と決めてたけど〜 あそこまでやっちゃいますかあ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/04 16:18
しあわせの隠れ場所
W受賞(アカデミー主演女優賞にラジー賞)おめでとう ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/21 22:49
恋するベーカリー
美味しいパン屋のお話だ!  わ〜〜〜〜〜いい!!!!!と 飛びついたのだが これは アラ還世代の恋のお話 うちらから見れば〜 どうにも 熱苦しい???(ご ごめんなさい、、、)あの世代。 若かりし頃はさんざんヒッピーってたのに 今ではすっかりセレブ どこからそんな元気が出てくるんですか?  そんなに 「若い!」ことは良いことでしょうか? 世代だから? 欧米人だから? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/25 08:14
ひとりマハラジャ
今年も はや 1ヶ月が過ぎようとしています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/27 12:57
ヴィクトリア女王
つい最近まで韓流ドラマにはまっていた知人は 学生時代 仏文学専攻。 昨年末よりは 再びフランス映画を観に行ってるらしい。 深く溜息をつき 「ヤッパ ヨーロッパやわ〜〜〜〜...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/20 08:27
アバター
今年最後の映画は キャメロン監督の「アバター」 ひどい風邪より復活したばかりの病み上がりの私には かなり体力のいる作品では??? それに主人公がグロテスクで見るに耐えないのでは と恐る恐るの観劇でしたが、 再生と共生という壮大なテーマながら  スピード感溢れる展界に あっという間にすっきり完劇できましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/27 09:24
弟よ!
昨夜 駅に着くと自転車がない!野止めですから 一斉撤去ではなく 私の愛車だけがないのだ。 やられた!  久しぶりに!!!!!!    諦め切れずに駅周辺を トボトボ歩く。 愛車よ======== いずこ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/11/14 08:39
レスラー
いたいっ!  おもいっ!  にぶいっ!   この現実をいったいどう受け止めればいいのっ??? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/14 08:47
路上のソリスト
新聞のコラムニスト、スティーヴは ある日 公園のベートーベン像の前で 2弦しかないヴァイオリンを弾いている ホームレスのナサニエルに出会う。 精神を病んでいるらしい彼の独語に ・ジュリアード音楽院の名前を聞き 彼の経歴に興味を持つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/31 19:55
鴨川ホルモー
モエモエの新緑が眩しすぎる。 目を閉じると睡魔が襲い 涎がタラ〜リ〜 なんと それって 京大生もいっしょだったんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/14 07:52
スラムドッグ$ミリオネラ
豚インフルエンザのおかげで6月の旅行を中止することにした。 仕方がないので公開前から気になっていた映画を観に行く。 (旅行先はインドではないが、) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/04 17:22
チェンジリング
今回のアカデミーノミネート作品の中で 一番 観たくない映画だった。 しかし TVCMを見ると 「な  なんで そうなるの〜????」とイライラはつのるばかり。 エイッ! と観ました。 こわ〜〜〜〜〜〜いい 映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/06 07:43
そして、私たちは愛に帰る
組紐は三編を基本に そこから様々な美しいバリェーションが出来上がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/02/05 09:36
英国王給仕人に乾杯 !
第二次世界大戦前夜、 東欧の小国チェコの小柄な一人の男ヤン。 駅弁売りから街のパブ そしてプラハきっての名ホテルの給仕人として勤める彼の夢はホテル王。 そんな彼の数奇な人間関係と ナチスがプラハに侵入して 運命が急転する様を ユーモアをもって描いて行く。 やがて終戦をむかえるが、小さな国には新しい革命が、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/01/25 15:51
レッドクリフ part1
血沸き肉踊る ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/11/16 12:49
ボッコちゃん
次は映画何を観ようかなあ〜  「イキガミ」かな?と思っていた矢先 この「イキガミ」盗作かというニュースが。 何でも 星新一の「生活維持省」という作品のパクリではないかと 星氏のお嬢様が物申したそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/20 06:44
デトロイトメタルシティ
のどかな田園風景の大分の田舎から 東京の大学へと上京して来たネギシ君は オザケンに憧れるラブラブハッピー路線の男子。 大学の4年間は軽音楽部で楽しく穏やかな学生生活を送ったが 就職先は、、、、、、、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/31 09:29
闘茶
昔々 中国のある地方で二つの対照的なお茶を受け継ぐ部族がありましたとさ 冒頭の部分は低予算をカバーするためにアニメが使われています。 これは なかなか よろしいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/10 03:55
覇王別姫
近頃 とんと映画を観ていません。 今 観たいのがないのですね。   で 久しぶりにレンタルビデオで観ました「覇王別姫」 この映画はシナリオも持っているし 北京語の美しい映画でもあるのです。 そして 役者それぞれのキャラもたってますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/26 13:47
エトワール
見逃していた映画「エトワール」を深夜テレビで観た。 パリ・オペラ座バレエ団。  バレリーナ達は厳然なる階級で構成されている。 たとえトップを極めても それからのプレッシャーも壮絶なものらしい。 専属の学校があるため団員達は小さいときからいっしょに育つ。 密度の高い閉鎖された世界は 相撲の世界よりもきつそうだ〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 17:03
胡同の理髪師
「時」を映画で表現させることにかけては素晴らしい作品を残す中国人。 台湾映画、香港映画も そして大陸の作品も 数々の名作が思い出される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/23 03:41
僕の大事なコレクション
ロード・オブ・ザ・リングが三部作で終わってくれて良かったわ。 次から次へと押し寄せる試練に ミラクルリングのくせして どうして 助けてくれないのよっ と思ったのは私だけ? でも 苦労は買ってでもしろと言うものね〜  最後はハッピーエンドの 良い映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/29 18:07
パンズ・ラビリンス
自ら禁欲生活を強いて来たここ最近。 ちょこっとくらい良いでしょうと以前から気になっていた映画を観に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/10/28 06:54
エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜
齢80を超えるマダムがこうおっしゃった。 「あら?パリに行くの?  たいしたことないわ。 きたない街でっせ」(大阪弁) 尾道を旅行をしたときに何かで林芙美子の同じような文も読んだっけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/30 08:14
終わりよければすべてよし
ピンピンコロリ♪                  夢また夢? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/20 02:52
シッコ
素朴じゃないけど親切な(映画中 監督のカナダの親戚が語る)マイケル・ムーアの新作は アメリカの医療保険に鋭く迫るもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/11 00:14
ブラインドサイト 〜小さな登山者たち〜
チベットでは 目が見えないことは忌み嫌われることで 失明した子供達は疫病神のように扱われる。 前世の業がそうさせたというのだ。 そこに 盲学校を設立するべく単身乗り込んだドイツ人女性サブリエは12歳で失明、 13歳から視覚障害者として生きて行くための教育を受けた。 彼女は自信に満ち溢れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/08/29 05:20
魔笛
パパパパパパパ パパパパパパパ  パパパッパパ パパパパッパパ パパパパパパパパ パパパパパパパパ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 18:36
輝ける女たち
雨降りが激しくて急遽予定変更した休日。 久しぶりにフランス語が聞きたくなって映画を選択する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 09:58
鞆の津
秘密にしたかった鞆だけど 次回の宮崎駿の作品の舞台に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/18 18:09
蟲師
もうちょっと〜〜〜〜〜 と言いたい箇所はあるが そこは漫画を読んでいないので 置いておくとして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/24 17:59
墨攻
しぶっ!  アンディしぶっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/27 09:09
ダーウィンの悪夢
正月映画第二弾はこれ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/06 16:02
王の男
韓流ではないけれども 以前はサムルノリの大ファンだった私が選んだ正月映画はこれ! 「王の男」 です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 16:37
折口信夫の硫黄島
街角で「東淀川でっせ」と言うコミュニティ冊子を見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 17:36
父親たちの星条旗
なんとなく気ノリしなかったが シブシブ観に行く。 どうにか重い腰が上がったのは 齢76歳!   驚異の老後を送るクリント・イーストウッドが監督だから。 なんてったって 父と同年、信じられる? いまさらこんな重い映画よ。 映画の中で老いた主人公が 「戦争を語れるのは戦争の真実を体験していないから」 と言うセリフ。 そう言えば 晩年 司馬遼太郎が ノモンハンの体験を書きたいが 命が尽きてしまいそうで躊躇する語っていた。 クリント・イーストウッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/02 23:50
カメルーン映画  「告白」
知人からの紹介で カメルーン映画を観に行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/17 07:52
マーダーボール
車椅子バスケには以前から注目していて  国際親善試合なども観に行き その面白さは知っていたが 車椅子ラグビーはそのワンランク上の過激さだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/13 12:49
日の名残り
先日 コアな京橋を歩いていると 開店祝いの花輪を発見! 近づくと何とそこは 「執事カフェ」であった。 翌日より ニュースでこの執事カフェについての報道が。 「お帰りなさいませ おじょおさま」 先日 休業宣言をした赤西君のような青年がバイトしてるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 07:49
チェコアニメ映画祭2006
A.B.C.Dと4つのプログラム。 いずれも10分ほどの作品を8本上映。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/17 21:07
カポーティ
映画カポーティと翻訳家村上春樹 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 10:04
無名の人〜石井筆子の生涯〜
石井亮一・滝乃川学園は 日本の福祉の歴史ではおなじみの偉人だが その妻がこんなにもすごい女性だったとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/02 22:12
X-MEN
変身 闘う チーム などのキーワードが好きだ。 ジャー(×○レンジャーなど)系以外で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/14 22:24
蟻の兵隊
第二次世界大戦終結後も中国の山西省に留まり 中国共産党と戦った日本陸軍部隊がいた。 その人数2600人。 日本政府は個人で志願残留したとして 戦後補償を拒み続けるが。 80歳の奥村氏は何度も中国に足を運び 戦争の真実に迫ろうとする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/10 14:32
トランスアメリカ
性転換手術を控えたブリーの前に現れたのは 過去にたった一度男性として行為したときに出来た息子だった。 継父の性的虐待を受け母親も自殺 男娼として小銭を稼ぐ17歳に 戸惑いながらも少づづ歩み寄るブリーだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/08 06:35
キンキーブーツ
むかしむかし 京都の前衛アートのカリスマギャラリーへドラッグクィーンの個展を観に行った。 その頃の私は着物にはまっていて 梅雨だろうが盛夏だろうが着ていた。 かなり汗をかいていたように記憶しているのでそれは夏だった。 狭い部屋に女王様と蒸し焼きマグロ嬢(状?)の私は対峙していた。 窒息しそうな空気に静けさだけが漂う。 しばらくして 3人ほどのお客様がいらっしゃり 女王はリンゴ箱の上に乗り シャンソンを歌った。  それが 私が初めて聞いた生のシャンソン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/07 08:11
プルートで朝食を
1970年代。  北アイルランド。 捨て子で不思議ちゃん=オカマのキトゥンの青春物語。 前編 組曲のように構成されて 少々おぞましい?内容も可愛く可愛くまとめている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/18 05:55
ゆれる
弟「猛」オダギリジョー、兄「稔」香川照之。劇中でも 普段でも正反対の2人が兄弟を演じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 19:45
映画館
集中力がないので レンタルビデオではすぐに気が散ってしまいます。 なので なるべく映画館で観ることにしています。 どの街のどの映画館で観るかはかなり重要問題です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/13 06:39
ククーシュカ
以前 このブログでもフィンランドについてを書いたが 今回 紹介の「ククーシュカ」はロシア映画で フィンランド(ラップランド)での物語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 21:31
家の鍵
イタリア映画「家の鍵」を観る。 出産時に恋人を 難産で失ったジャンニが  障害を持つ我子パウロと 15年ぶりに再会するが、 その言動に翻弄されるというお話。 福祉関係の方なら思わず頷くシーンが多いが 少々???と思うことも。 イタリア映画でイタリア人が主人公だが 舞台となるのがドイツのリハビリセンターなので どことなく質実剛健さが前面に出てしゃれっ気はまったくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 13:24
嫌われ松子の一生
小劇場風のコミカルな演出。 主人公松子役の中谷美紀に助演女優賞をさしあげたい。 彼女の男性遍歴、家族の男性陣を光らすこと光らすこと! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 21:45
グッドラック&グッドナイト
GW明けで ようやく私好みの映画が出揃ったか。  まずは「ナイロビの蜂」 これがまた 「おいおい どないやねん 何 てんこ盛りしてんのん。欲張るな〜〜」 恋愛なら恋愛、企業告発、アフリカ問題、エイズ、外交、 部族闘争、、、、 よその国に行っといて そんな簡単に人括りにするのは図々しいで。 まあ しかし アフリカに誰が興味があるか、恋愛で誘ってもらうのは親切かも。と いちよう それはそれにして ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/21 06:22
アリダ・バリ
22日 イタリアの大女優 アリダ・バリ死去。  享年 84歳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/23 17:41
シャーリーズ・セロン インタビュー
15年以上も前のことだろうか、 友人のお父上が某有名製薬会社の開発研究をされており 海外出張が多く  帰国後には連絡をいただき お土産話を聞きに出かけたものだ。 その日は南アフリカで うかがったいくつかの話は 日本では信じられない内容ばかりであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 13:44
ブロークバック・マウンテン
本年度アカデミー賞監督賞は アン・リー監督。 私の大好きな映画「恋人達の食卓」の監督だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/18 16:01
イーオン・フラックス
只今 来日中のシャーリーズ・セロン。 空港に降り立ったときはモデル然としてたのに 記者会見時のお顔は狆顔で二の腕もぽっちゃり。 その七変化に惚れ込んで 3本続けてみるぞお====!!!!と 「モンスター」のときに決心して3本目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 05:23
西洋鏡
ときは清朝末期。 写真館で働く青年が中国に映画を持ち込んだイギリス人と出会い  そのすばらしさに引き込まれて行く。 写真館の主人、映画技術に傾倒する青年、京劇の老名優。 一発触発かと冷や冷やするが そこは 美の本質を求めるもの同士。 最後は仲良く一つになってほっとする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/05 20:00
至福のとき
「単騎・千里を走る」 を観るべきかどうか迷っているうちに 明日で終わってしまう。 たぶん 近い将来はコーヒー生産高が世界3位に入るであろうと予想される雲南省が舞台だ。 まあ これはレンタルするとして 久しぶりにチャン・イーモア作品を観ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/02 06:35
プロミス
私が中国の文化大革命なるものを知ったのも 映画から。 「芙蓉鎮」というその映画に 何がなんだかわからなくて とにかく 涙を流しっぱなし。 それから 本で読んだり 多くの中国人の友人に体験を聞いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/23 05:17
RIZE
紅白歌合戦では紅組を応援 ! それは 倖田來未とゴリエが出てるから!  の私ですから この映画は楽しみにしてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 20:01
ミュンヘン
子供の頃 オリンピックには興味があり 競技後の翌朝の朝刊の切り抜きを楽しみにしていた。 活躍した選手の演技をスクラップするのだ。 ミュンヘンオリンピックの事件は よく覚えている。 事件後 そのまま競技が行われたことも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/13 10:36
スタンド・アップ
シャーリズ・セロン3本立てを決め (モンスター、スタンドアップ、次に来るイーオン・フラックス) スタンドアップの初日に行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/17 06:31
ロード・オブ・ウォー お正月映画
未知の世界を知るためには やはりビジュアルから入ることが一番です。 正月映画は「マサイ」ね♪  と思ったのですが ブーイングが出て 〜〜〜〜で   「ロード・オブ・ウォー 武器商人」 しかし 「マサイ」より アフリカを知るためには良かったわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/03 20:33
風の前奏曲 泰流来るか?
「アタックナンバーハーフ」以来のタイ映画だ。 (ここまでに タイ映画で公開されたものはあるのかしらん?) アタックにはイケメンはいなかったが 今回は主人公はじめ 老いも若きもみな美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/23 20:26
ヴェニスの商人
シェークスピアを知らない人はいない。 読んだ人は少ない。 しかし 各作品のストーリーを知っている人はけっこう多い。 私もその1人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/10/30 20:53
メゾン・ド・ヒミコ
静かな海辺のホテル(たぶんラヴ)。 実はここは 老人ホーム。  しかも かつて その道で夜の街を一世風靡した、ゲイバーのママ、ヒミコが 死の床につきながらも 仲間達とともに 自分のスタイルを貫き 生活する場所。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/03 12:40
かくも長き不在
映画 「かくも長き不在」が どこのビデオ屋さんにも不在で探し当てたところ 以前 通っていた大阪府立図書館所蔵ということで  行って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 18:02
無言館遺された絵画展
先日も書いた  「無言館遺された絵画展」に行く。 会場は盛況だが ただただ言葉無く 咳払いさへもがはばかれる雰囲気。 描かれている絵は ほとんどが 日常の田舎の風景と身内の女性。 戦前の美しい日本の情景。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/15 09:22
ヒトラー〜最期の12日間〜
ドイツ映画独特の青みがかった映像。 地下要塞の中でのヒトラーをめぐる人間関係。 ドイツ人の気質がかくも日本人とは異なるのか。 最期のときまで 軍も市民も老若男女それぞれが  自分の意思と理性で生き方を貫こうとする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/08 15:57
ひまわり
夏の王道画像を撮るために 神崎川のなにわ自転車道に。 見事なひまわりを観て思い出した。 前にも書いたが今年は戦後60年。 映画も意識したものを観る予定。 2年前に フランスの妹一家の住む街で お医者さんの老夫婦が  午後のお茶会に招いてくれた。 そのときに 先の大戦でグランファミーユで疎開した話をして下さった。 最後に「あの戦争については たくさんの映画があるので見てちょうだいね」と。 私は「知っています。 禁じられた遊びや ひまわりですね。」と答えた。 そう ひまわり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/05 17:17
失われた龍の系譜
中国人の家族の絆の強さは日本人の想像を超えるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 04:58
イカレスラー
見逃していた1本、イカレスラーをDVDにて ついに観る! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/07 12:53
ミリオンダラー・ベイビー
公開してすぐに観に行ったのだが 今晩はこの1本について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/06 22:28
海を飛ぶ夢
GWのとある一日(文化茶屋は暦どおりお休みです) 大好きなTOHOシネマズ高槻へ「海を飛ぶ夢」を観に行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/02 07:23

トップへ | みんなの「映画」ブログ

文化茶屋的過午 日々是好日 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる