文化茶屋的過午 日々是好日

アクセスカウンタ

zoom RSS 超絶の美

<<   作成日時 : 2016/04/29 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像






数年前に、韓国から有田に留学するという、陶芸を学んだ韓国女性を、
東洋陶磁美術館へ案内した。帰り道で
 「ワタシノニホンゴヘタダケド、マイセンノ コタチニハ カツヨ」
「え? マイセンって? あのマイセンが日本に留学するの?」とびっくりすると、
「エエエエ!!! セカイノアリタダヨ!」と逆に驚かれた。

その後、旅行で有田に寄ったときに、
あまりにも簡素な表通りを歩きながら、その奥で繰り広げられる、
美との闘いを想像し圧倒された。

私は深川製磁のファンだが、香蘭社と深川との関係が気になっていたところ、
本展覧会でその疑問も解けた。

時代が作り出したこれらの作品がやがて、衰退して行くのは当然のこと。

久しぶりに深川製磁のホームページを開くと、また、新たな時代に向かおうとしている
有田焼の世界が垣間見られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
有田焼の綺麗さには魅了されますよね!
芸術に疎い私でも色彩の美しさに魅かれます。
&#8494;姫
2016/04/29 22:28
この当時の有田焼は、姫のイメージもありますよ!
千佳
2016/05/04 06:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
超絶の美 文化茶屋的過午 日々是好日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる